在宅ヘルパーとして働くためには?

在宅ヘルパーとして働いている人や、在宅ヘルパーを目指している人へ、在宅ヘルパーとはどんな仕事なのか紹介していきます。在宅ヘルパーの業務範囲は、厚生労働省では詳細に決められていません。住んでいる自治体で独自のルールがあります。また、在宅ヘルパーは未経験でも転職することが可能な仕事です。働きながら資格を取得することも可能な在宅ヘルパーに転職し、キャリアップを目指しましょう。

「きらケア」を利用しよう

「きらケア」を利用しよう

転職サイト「きらケア」の特徴

介護業界で転職を考えている人に、転職サイト「きらケア」を紹介します。首都圏の求人数に自信を誇る「きらケア」は、在宅ヘルパーや看護師などの人材紹介事業を手掛けています。「きらケア」はレバレジーズキャリア株式会社が運営し、首都圏に特化した医療機関とのつながりが魅力です。転職の際、こだわりたい条件がある求職者は、この転職サイトを利用することで、希望にあった求人情報をみつけることができます。「きらケア」は、職場内部の情報に精通しているため、入職前に施設の雰囲気や評判などを把握することができます。また、施設に対する第3者からの口コミや、評価があるので、安心して利用できるシステムになっています。
離職理由の大きな割合を占める人間関係についてのリスクについても、事前に内部情報を把握できるので軽減することができます。「きらケア」を利用することで、入職後のギャップを減らし、安心して転職することができます。
特にキャリアアドバイザーへの教育に重点をおいているため、在籍しているキャリアアドバイザーの対応が非常に丁寧であり、質の高いアドバイスが受けられるということで、求職者に選ばれる転職サイトになっています。キャリアアドバイザーの7割が女性であり、丁寧なヒアリングと細かいサポートが充実しています。気軽に転職相談ができる環境作りは、求職者にとっても、利用しやすいポイントになります。

登録後の流れ

転職サイト「きらケア」を利用するには、Webサイトから無料登録をすることが必要です。求職者は、登録フォームより個人情報と希望条件を入力して、キャリアアドバイザーからの連絡を待ちます。今まで働いていた経験などをキャリアアドバイザーに伝え、自分にあう求人情報を提供してもらいましょう。書類選考や面接準備に対してもアドバイスがもらえるので、個人の力だけで面接を受けるよりも成功率はアップします。採用通知などもキャリアアドバイザーを通じて通知してもらえるので、働きながら転職活動をしている人でも効率的に連絡が受け取れます。
そして、入職までの日程調整も「きらケア」に一任できるので、安心して働き始めることが可能です。「きらケア」は、転職が成功した後のアフターサービスも充実しています。入職後、職場で困ったことや悩みがあれば、いつでも相談することができます。入職後もサポートが続くので、転職を考えている人にとっては安心できるシステムです。

「きらケア」の利用メリット

「きらケア」の大きなメリットは、やはり医療業界の強い情報網と求人情報収集力です。医療業界に明るい理由は2009年より始めた看護師の人材紹介サービス「看護のお仕事」によるものです。病院や介護関係の求人情報が集まっているサイトのため、豊富な求人から希望する応募求人を選べる点がメリットです。介護業界に転職したい人にとっては、転職活動をスムーズにすすめられるおすすめのコンテンツになっています。